弁護士の平均年収

弁護士は年収が高い職業の一つとされています。全体的な平均年収は700万~1000万円とされています。年代別に比較すると、年齢が上がるにつれて年代の平均年収は高くなります。しかしこれはあくまで平均であり、ほとんどの方が1000万円に達することはありません。有名弁護士やベテランにもなると年収5000万の方もいれば、年収100万円以下の方もいます。これは、費用にかかる着手金や手数料、時間にあたる料金、成功報酬に含まれる請求項目を決めることができるため、事務所によりバラつきがあります。このことが、年収格差の原因であります。
他の仕事にもいえることですが、仕事の業務内容としては報酬に見合わない仕事が多々あります。一つ一つ様々な角度から調べたり、複数の案件をかかえたりと、かなり体力的にも精神的にもハードな仕事であります。また弁護士になること自体が非常に困難であります。司法試験に合格することはとても難しく、また時間もかかります。合格してからも多くの法律の中から案件に合った法律を探しだし、常に勉強することが必要であります。
そうしたことを乗り越え、多くの安定した収入を得ることのできる職業は、やはり魅力的な職業であります。